神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Way Life Goes / TOM KEIFER

シンデレラのトム・キーファーのソロアルバムです。

期待通りというか、いい意味で想像通りの音でした。
まだ1回、流して聴いただけなので曲ごとの詳しい印象などについて語れることはありませんが、シンデレラの2nd以降のブルージーなロックが、あの声で歌われるというアルバムです。
そのまんまじゃないか、という方もいらっしゃると思いますが、そのまんまだと思います(笑)。

リフで引っ張っていくようなHRもあれば、泣かせるバラードもあり、文字通り"アメリカンロックの良心"ともいうべきアルバムです。
80年代以降の華やかさもないわけではありませんが、60年代、70年代の、ちょっと埃っぽいロックというイメージです。

HR/HMではないと思うし、最近、ちょっとしたブームになりつつある70年代風のHRをやっているバンドとも違う、やはり一言で言うとアメリカンロック、という音楽なのでしょう。

もっと聴き込めば違う印象も出てくるかもしれませんが、ファーストインプレッションをひとまず書いてみました。

いいアルバムです。
スポンサーサイト
Slave to The Empire / T & N
TN_convert_20130520234057[1]

昨年の8月以来の久々の更新です…
仕事が忙しすぎて、最近、PCでやってることってAmzon等でCDを買うこととiTunesに音源を落とすときぐらいでしたね(大袈裟に言えば)。
先週(5/18)、ライフワークにしているDJイベントのDOF"Defenders of The Faith"をやったとき(こっちも昨年9月以来、久々)、相方のごっちゃんから、なかなか更新されないと紹介されて、一念発起して更新する決心をしたわけです。

昨年8月から9ヶ月も間が空いてしまってるので、思いを綴りたい音楽はいろいろとありますが、久々の再開だから特に思い入れのある作品がいいだろうと思い、選んだのがT&N(本当はTooth & Nailと名乗りたかったみたいですが、権利の関係でダメだったとか)の"Slave to The Empire"です。

なぜ特に思い入れがあるかといえば、言うまでもなく、神であるジョージ・リンチのバンドだからです。

ジョージがジェフ・ピルソン、ミック・ブラウンと一緒にやってるのに、信じられないぐらいシーンの話題に登りませんね。作為的な何かを感じますが…
日本では、当初11月発売予定だったのが延び延びになったことが影響しているのかもしれないし、B!誌での評価もあまり高くなかったからかもしれないですね。

そのB!のアルバムレビューでは「ドンがいないDOKKENではないといいつつ、DOKKENの曲を5曲もカバーしているのはどうなのよ?」みたいなコメントがあったと記憶していますが、そのカバーは逆に評価を高めるような出来だと思っている僕としては、どうも合点がいかないといわざるを得ないです。
ちなみに、バンドの結成はDOKKENのカバーをやっている経緯はB!誌5月号のジェフのインタビューで語られているのでそちらを参照していただくとして、B!のレビューで書かれているようなことを言われる筋合いはないのではないかと思っちゃいました。

その中でも、特に秀逸だと思っている曲が2曲あって、それは"It's Not Love"と"Alone Again"です。
この2曲は18日のDOFでもかけましたが、好評でした。オリジナルよりいいという声もあったぐらいですから。

"It's Not Love"は、元LYNCH MOBのロバート・メイソンがVoをとっていますが、この人選はドンピシャです!
というか、ロバート・メイソンにDOKKENの全曲をカバーしてもらいたいなと思ってしまいました。
もともと上手いシンガーだと思いますが、微妙な歌い回しとか、絶妙なタメがかっこいいんですよね。艶っぽいというか、セクシーというか。
この曲はGソロの後にオリジナルにはなかったアレンジが加えられていて、それはそれでかっこいいんですが、僕の好みとしてはオリジナルのアレンジの方が好きです。

"Alone Again"は、Voを取っているのはセバスチャン・バックです。
これがいい味を出しているんですよね。バズも思い入れのある曲らしく、オリジナルに忠実に歌ったみたいですが、ドンにはない切れのようなものがあって、心に染み入るように歌い上げてくれています。

あとの3曲はダグ・ピニックの歌い"Tooth and Nail"、ジェフ・ピルソンが歌う"Into The Fire"、トム"リッパー"オーウェンズが歌う"Kiss of Death"です。
"Into The Fire"はちょっとドンを思い浮かべさせるみたいな歌い方で、意識的にこうしたのかな?と思っちゃいました。この曲も、Gソロ後に新しいアレンジが加えられていますが、これもオリジナルのバージョンの方が僕の好みですね。
あとの2曲のVoも悪くはないのですが、ちょっと暑苦しいかんじがしてしまうかな…

DOKKEのカバーは、元々曲が良いわけですが、オリジナルはどうなのか?と。
カバーされているDOKKENの代表曲と比べて劣るのは当たり前だと思いますが、言うほど悪くないと思います。
その中でも特に好きなのは、"Rhythm of The Soul"と"Jesus Train"の2曲です。

"Rhythm of The Soul"はミッドテンポの曲で、全盛期のドンが歌えば、DOKKENのアルバムのアウトテイクだといっても信じてしまうような曲です。
"Jesus Train"は、非常に異色な曲で、ジョージがかつて参加した"L.A. Blues Authority"というコンピレーションの中で弾いた"Rollin' and Tumblin'"でのプレイを想起させるような曲で(曲自体は似ていませんが)、ブルーズといがパブロックというか、とにかくかっこいい曲です。

と、このアルバムのいい所を紹介してきましたが、何か一番重要なことが抜けていると思いませんか?
このアルバムの最も魅力的なところはどこか?ということですが、それはもちろん
ジョージのプレイ
なわけです。

ジョージのプレイが切れっ切れなのです!
テクニック、メロディセンス、アイディア、どれをとっても最強といわざる得ません。
DOKKENが解散してからいろいろなタイプのギタープレイを聞かせてくれましたが、その中では一番DOKKEN時代のプレイに近い印象です。

DOKKENのカバーでも、どの曲もオリジナルのGソロが完璧であるにもかかわらず、今のジョージの解釈で弾き直したバージョンは新たな定番ソロになるようなパワーがあります。

DOKKENの好き嫌い、ジョージのプレイの好き嫌いは別として、かっこいいギタープレイを聴きたい人にはMustアイテムです!


Top Musicians Play METALLICA / Various Artists

久しぶりに音楽ネタを書きます。
この間、音楽から離れていたわけではなく、逆に書きたいネタはたくさんあるのですが…

で、今回紹介したいのは、METALLICAのカバー集です。
Top Musicians Playとうたっているぐらいだからど「れだけ凄い人たちがやってるんだろう?」と、ちょっとときめいちゃいますが、その期待は裏切られます(笑)。

どちらかというとパンク系のアーティストが参加していて、収録内容はこんなかんじです。

1. Hit The Lights / SLOPPY SECONDS
2.Seek & Destroy / AGENT ORANGE
3.Motorbreath / D.O.A.
4.Sad But True / FLIPPER
5.Jump In The Fire / DEE DEE RAMONE
6.Master Of Puppets / Dr. KNOW
7.Enter Sandman / VICE SQUAD
8.One / TOTAL CHAOS
9.Nothing Else Matters / VIBRATORS
10. I Disappear / ANTI-GOVERNMENT
11.Am I Evil / SOUR
12.For Whom The Bell Tolls / SHOTGUN REMEDY
13.Until It Sleeps / S.B.I.

僕も知ってるバンドの方がぜんぜん少ないぐらいです。
“Am I Evil”は純粋にはメタリカのカバーじゃねえだろとか、“I Disappear”なんてオリジナルアルバムじゃなくて映画のサントラだった曲選ぶなんて、奇をてらったつもりかもしれないけどイマイチなセンスだなとか、つっこみどころはいくつかありますね(笑)。

より飾りの少ない1stアルバムの曲はパンクでカバーしても合う曲が多そうですが、頭のHit The Lightsはまさにそんな感じで、ちょっとスカスカなパンクにアレンジされていて、なかなかかっこいいです。

そして、2曲目のSeek & Destroyですが、このパンク的な解釈は秀逸です。オリジナルに忠実なところとがらっと変えてしまっているところが混在するアレンジで、リズムのアレンジが特にかっこいいと思いました。今まで、いろんなバンドのメタリカのカバーを聴いていますが、その中でも僕にとってはかなり上位にくると思います。

この他にアレンジがかっこいいと思ったのは、7曲目のEnter Sandmanと12曲目のFor Whom The Bell Tollsでした。

もちろん「なんじゃこりゃ?」と言ってしまいたくなるような曲も数曲あます。正直、Seek & Destroyは一聴の価値はあると思いますが、これに1,200~1,300円を払って買うことを強く勧めるのは気が引けます。ただ、メタルだけじゃなくてパンクやロカビリーなんかも好きという人の中には、けっこうぴったりきちゃう人もいるかもしれません。
Beyond Magnetic / METALLICA


メタリカの最新作です。
とはいっても、4曲入りのEPです。
詳しいことはよくわかりませんが、なんでも“Death Magnetic"の時のアウトテイクを集めたものらしく、アウトテイクといえども、この中にはライブでプレイされている曲もあるみたいです。
4曲しか入っていなくても、29分というボリュームはいかにもメタリカっぽいですね。

僕は昔のメタリカは大好きで、一番好きなアルバムは“Ride The Lightning”です。彼らのアルバムで最初に聴いたのもこのアルバムでした。

ただ、“Load”以降のアルバムも全部聴いていますが、正直なところ、好きな作品は1枚もありません。
“Load”以降のメタリカは、僕にとっては「昔、メタリカというかっこいいスラッシュメタルをやっていた人たちがやっている、メタリカというアメリカンロックバンド」という認識でいます。

しかし、“Load”以降で、初めてストレートにかっこいいと思わせてくれる音源を発表してくれました。
それが、このEPです。

サウンドも演奏もラフなかんじがあって、大好きだった“Ride The Lightning”や“Master of Puppets”の頃のスラッシュメタルと同じレベルとはいえません。
それでも、攻撃的でヘヴィで少しドラマティックな部分も感じられて、ここで演っているメタリカは好きだった頃のメタリカだと確信しました。

これがアルバムに収録されなかったの、アルバムの方向性と合わないからなんだろうなとは推測されます。
それが本人達の意向なのか、プロデューサーの意向なのか、レコード会社の意向なのかわかりませんが、セールスを考えずにバンドがやりたい音楽をやっていたら、メタリカはずっとスラッシュメタルのままだったのかもしれません。
あるいは、ここ最近やっていた音楽性に飽きてきてスラッシュメタル的なことをやりたくなっただけかもしれませんが(笑)。
Time / PARADISE INC.

最近、ラジオも聴かないし、雑誌もアルバムレビューぐらいしか読まないし、CDショップにもあまり行かないし、ライブにもあまり行かないし(へたれですね。苦笑)、HM/HRシーンでどんな音楽が主流なのか(あるいは、HM/HRシーンとよべるものが生き残っているのか…?)という情報には疎くなっています。

ただ、80年代~90年代初頭を思わせるメロディアスな作品で、しかも高品質なものが多くリリースされていることは間違いなさそうです。

そういった作品はアメリカからもイギリスからもドイツからも北欧からも(ちょっと前にこのブログで紹介したGrand Designはスウェーデンでした)出てきているような気がしますが、その流れは意外なところにも波及しているようです。

今回取り上げる、PARADAISE INC.は(日本から見て)地球の反対側の国、ブラジル出身のバンドです。
ブラジルのメタルといえば、SEPULTURA、SOULFLYのようなスラッシュ/ラウドなバンドや、ANGRA(VIPER)のようなメロスピというイメージがありましたが(ハードコアでもCHILDREN OF GAIA、CONFRONTOなどといったかっこいいバンドがいました)、このPARADISE INC.はメロハーに分類されるような音楽を演っています。

ブラジルといえば中国、インド、ロシア等とならんでBRICsと呼ばれる経済発展著しい新興国の一角をなしているので、国が発展するのにあわせて音楽も洗練されてきているのかもしれませんね(前述のバンド達は偉大なバンド、彼らが洗練されていないという意味ではありません)。

メロハーといっても、JOURNEY等の産業ロック系のキラキラなキーボードをフィーチャーしたような音ではなく、ドイツや北欧系のヨーロッパ的な香りのする音です。
バンドの成り立ち等についてはまったく知らないので、どういう経緯かはわかりませんが、デニス・ワードがマスタリングをやったりしているからか、曲によってはElectrifiedやSonic Dynamaiteの頃のPINK CREAM 69を思い起こしたりしましたし、やはりドイツ出身のメロディアスHRバンドのFRONTLINEの初期の頃の音を思い出したりもしましたし、あるいはTALISMANっぽいなと思うところもあったりします。

ここまで読まれてきて、オリジナリティがないと思われた方もいるかもしれません。
確かに、強烈な個性を発揮しているとは思いません。
しかし、GRAND DESIGNの投稿でも書きましたが、オリジナリティが乏しくてもいい作品はたくさんあるわけで、このアルバムもそんな1枚だと思います。
曲もいいし、演奏もしっかりしています。ギタリストは派手に弾きまくるタイプではありませんがなかなかセンスがいいソロを弾いていますし、シンガーも1曲だけゲストとして歌っているドゥギー・ホワイトと比べてまったく遜色のない力を持ってます。

哀愁のメロディを備えた、ポップ過ぎないしっかりとしたHRが好きな方には特にオススメです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。