神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
Reckless Love / Reckless Love


この度、めでたく国内盤もリリースされたReckless Loveです。
国内盤のジャケは、「なんでわざわざこんなジャケにしちゃったの?」と思ってしまいましたが…

このアルバム、ここ数年で聴いたアルバムの中ではトップクラスのお気に入りで、iPodヘビロテ中です!

ご周知の通り、CRASHDIETの2代目Voだったオリ・ヘルマンが作ったフィンランドのバンドですが、あの超名作のCRASHDIETの1stにも勝るとも劣らない出来だと言い切っちゃいましょう。

B!誌のレビューで伊藤政則氏も書かれているように、MOTLEY CRUEとかSKID ROWとか、80年代のメインストリームのアメリカンHRへの愛情を強く感じさせる作風です。

リフよし、メロディよしで、演奏もしっかりしているし、80年代の、そうです、あの時代の“華”があるんです。あの当時リリースされていたら、アメリカでも大ヒットしたんじゃないかと思えてしまう充実ぶりです。

とにかく曲がいいんですよね。
その中でも一番好きな曲は6曲目の‘Romance’。どっちかというと、溌剌としたノリのいいR'N'Rチューンがメインの中にあって心揺さぶられるような叙情的なメロディアスなチューンですが、決して浮いているわけではなく、アルバムの流れの中でいいフックになっている曲で◎です。

その他、オープニングを飾る‘Feel My Heat’、キャッチーな‘One More Time’、ビデオにもなっている‘Beautifu Bomb’など、捨て曲は一切ありません!!

あと、8曲目の‘Back To Paradise’なんて、シンセサイザーも入っちゃって、80年代HRというよりはポップス、サビなんてへたすりゃディスコソングみたいな曲で、ちょっと異色だけどかなり気に入ってる曲です。

この2010年に北欧から出てきたバンドなんて、とても思えないです。

今ぐらいの季節に、ロスの海岸あたりでまぶしい日差しをうけながら聴くのがピッタリな音楽ですね。

想い入れたっぷりで書いたので、8掛けぐらいで読んでもらってもいいかもしれませんが(笑)、80年代から90年代初頭のアメリカンなHM/HRが好きな人にはマストアイテムです。

聴いてください!!
スポンサーサイト