神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
Loud Park 1日目
第1回目以来、2度目のLoud Parkに参戦しました。
なぜ久々に行く気になったかといえば、それは、ACCEPTとMOTORHEADが観たかったからです。

1日目を観終えて、独断と偏見で、「今日のラウパはACCEPTのためのものだった」と言い切りたいと思います(笑)。

さいたまスーパーアリーナに到着したのは15時ごろで、そのときに演奏していたのはDIR EN GREYだったので、中に入らずに外でビールを飲んでいました。
通路でまったりしている人が多く、「この盛り上がりに欠けた空気は何だ?」と思っちゃいましたね。

〈HELLYEAH〉
次はHELLYEAHで、演奏が始まってから中に入りました。
大好きなPANTERAと同じ流れにあるバンドなのに、ライブを観ていても熱くならないのはなぜだろうと考えたのですが、結局、曲(特にリフ)もVoもGもPANTERAの魅力に追いついていないってことかなと思いました。
Drだけではダメみたいです。

〈RATT〉
今日、観たいバンドで出番が最初だったのがRATTでした。
Morning Afterでショーがスタートしたとたん、「何だこの音の酷さは?」といったかんじで、がっかり…
バランスが悪く、ギターのバッキングが良く聴こえないんです。
でも、ソロ(ウォーレンもカルロスも)になると、比較的クリアに聴こえたのが救いでした。
やっぱり(RATTを観るといつも思うのですが)、良かったのはギターソロ(カルロスの数少ないソロもなかなか良かった)でした。
セットリストは以下の通りですが(記憶だけで書いているので、正しくない箇所もあるかも)、外部ライターの曲をやってる暇があったら、3rdアルバムの曲を1曲ぐらい(Body Talkとか)やれよ、と思いました。
~Set List
Morning After / I'm Insane / Way Cool Jr. / Wanted Man / Back For More / Nobody Rides For Free / Best Of Me / Eat Me Up Alive / You're In Love / Lay It Down / Lack Of Communication / Round And Round

〈ACCEPT〉
今日のMain EventのACCEPTです。
新加入のマークの初お披露目のライブで、アルバムが良かっただけに期待していましたが、期待を上回る素晴らしいショーでした。
1曲目はStarlightからでした。RATTが音が悪かったのでちょっと心配していましたが、杞憂に終わりました。
バランスも、エッジの効いたギターも、ボトムを支えるリズム隊の重低音も良かったです(会場が会場なので、その範囲でよかったという意味です)。
気になるマークのVoはアルバムで聞かれる以上にパワフルで、アルバム以上にウドの面影を感じさせるところがあったような気がします。
弦楽器隊3人が並んで、ギター/ベースのヘッドを観客席に向けての統制の取れたステージアクション、地響き男声コーラス、まさに漢(おとこ)のメタルでした。
セットリスト(やはり記憶だけで書いているので、曖昧な箇所もあります)も含めて曲が良いし、演奏、パフォーマンスなどどこを取っても、理想的なHeavy Metalの一つの姿を体現してくれたと思います。
メンバーがステージから去って、MCのよくわからない男(カンペを手に持って読みながらバンドの説明をするのはあまりに勉強不足だと思いますが)がしゃべっていてもなお客席からACCEPTコールが起きていたぐらいです。
あとは、なにより、メンバー全員が笑顔で楽しそうにプレイしていたのが印象的です。
ぜひとも、単独で再来日をしてもらいたいと思いました!
~Set List
Starlight / Livin' For Tonite / Breaker / Teutonic Terror / Pandemic / Restless And Wild / Princess Of he Dawn / Metal Heart / Up To The Limit / Fasr As A Shark / Balls To Wall

〈STONE SOUR〉
今日のステージを観ていて、バンドというよりはソロプロジェクト(コリィとサポートバンド)みたいだなと思いました。
ここまで人気があるのかと、ちょっとビックリしましたが、僕の目と耳にはひっからずに流れてしまうライブでした。
ラウドなロックではあるけど、やはりHMではないので、HM由来のドラマティックな部分やダイナミズムのようなものが感じられず、メリハリのないのっぺりとした音というイメージです。
果たして、30年後にも愛されて聴かれる音楽になれるのか?

〈HALFORD〉
メタルゴッドとはいえ、今日のACCEPTを凌駕することはできませんでし。
JUDAS PRIESTの曲(というかレパートリー)「Green Manarish」「Diamond And Rust」「Jawbreaker」が一番良かったです。

〈KORN〉
1曲目のRight Nowが始まったところで、「音が小さくないか?」と思いましたが、その後改善されました。
ジョナサンの鬼気迫るステージング、一時代を築いた独特のうねりのある超重低音が渾然一体となって襲い掛かってくる様はさすがでした。
ただ、(STONE SOURの時にも思いましたが)どうもベクトルが内向きの音楽で、ACCEPTを観ていて感じられた、「楽しい」という感情はまったく感じませんでした。
あと、最後の方(特にアンコール)はダレてきた感じを受けました。


KORNが演っている途中でアリーナからスタンド席(出口の近く)に移動しましたが、そこから全体を見渡して、「あ、客が少ない」と思いました。
知り合いに会ったのも(見かけたというのも含めて)4人だけだったし、この不況の時代にチケットが高すぎるんだろうなと思うのと同時に、こういう音楽のシーンが縮小化しているのかなと思いました…


最後に、繰り返し言いますが、ACCEPTは単独で再来日するべきです!
このブログを読んでくださった方も、そう祈ってください(笑)
スポンサーサイト