神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けました
2011年が明けましたね。といっても、特に感慨深いものがあるわけでもありませんが…
年末も会社の同僚と「この年末感の無さは何?」みたいな話をしていたら、電車の中でそういう会話をしている人もいたりして、みんなそうなのかと思いましたが、そのまま惰性で年が明けてしまったかんじですね。

もうこの歳になると、大晦日から年明けにかけて何かわくわくする気分になったりすることもありませんが、昨年までは「あ、新年だな」という感覚があったのに、今年はあっけないというかなんというか。

世の中全体が閉塞した感じで、バブルの頃のように浮かれていないからなのでしょうね。
暮れから年明けにかけて2日ほど実家(といっても東京都内ですが)に帰りましたが、年明けで閉まってるのかシャッター商店街化してるのかわかりませんが、なんともいえないもの悲しい街になっていました。
なんて、年明け最初の投稿で暗い話になってもしょうがないんですけど…

数少ない正月を感じさせてくれたものは、おせち料理と箱根駅伝ぐらいですね(笑)。

年末にごっちゃんと、あとDOF(第1回の投稿とリンクをご参照ください)の常連さん数人で渋谷でホルモンを焼き、それからStrawberry Fieldsという60年代、70年代のロックが中心のロックバーに行きました。
この店に行くと、必ず新しい発見があって、ほしいCDが増えてしまうのですが(苦笑)、このときもプログレっぽいバンドを中心に面白いバンドを4つぐらい発見してしまいました。
近々、そこで発見したバンドのCDをレビューしてみたいと思います。

昨年は国内外ともに政治も経済も混沌としていて、それを反映したかのように(自分的には)ロックシーンもパッとしなかった1年だと思いますが(いいライブもアルバムもあったけど、全体としてパワーがない…)、今年は日本にとっても世界にとってもロックファンにとってもいい年であってほしいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。