神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Juicy Lucy / JUICY LUCY


Rubicon Musicからルビコン・クラシックス第一弾としてリリースされたアルバムです。

このJUICY LUCYというバンドは、80年代後半にアメリカに渡って、主にLAのクラブで活動していたドイツのバンドだそうで、彼らが1991年にリリースした"Revolution"というアルバムにボーナストラックを追加した作品のようです。

このアルバム、めちゃめちゃカッコいいです!
某大手CDショップで試聴して、即買いでした。
バンド名も初めて聞きましたが、何で今までこのバンドを知らなかったんだと、自分を責めたくなります(笑)。

80年代のドイツのバンドというと、HELLOWEENに代表される、いわゆる'ジャーマンメタル'といわれるメロディックなパワーメタルや、SCORPIONS~BONFIREあたりの流れのメロディアスな正統派HR、ACCEPT、WARLOCK(初期の)あたりの正統派HMが思い浮かびますが、どれにも当てはまらない音です。

一言でいえば、LED ZEPPELINにような70年代テイスト満載のブルージーなバンドです。
とはいっても、全曲・全編にわたってZEPなわけではなく、DEEP PURPLEぽい雰囲気の曲があったり、80年代のアメリカによくいたバンドのようなキャッチーなHRぽい曲もあったり。
とはいえ、散漫な印象にはならず、(捨て曲がないとはいえないと思いますが)バラエティに富んだ粒ぞろいの楽曲が収録されているといっていいでしょう。

Voはたまにロバート・プラントみたいに歌うこともありますが、(ライナーノーツにもありましたが)マーク・スローターみたいなハイトーンがベースで、なかなかいい味を出してます。
バックの演奏陣も、ばかテクでびっくりするようなものではありませんが、どっしりとグルーブ感のある演奏は安心して聴けます。

ただ、ひとつ難を言うと、バンドがドイツに帰ってから(メンバーが新しく作ったPARAGRAPH 51というバンド?)録音したという4曲のボーナストラックが蛇足だったかなと…
時代の波にのまれた音というか、今まで自分たちがやってきた音楽がウケなくなってきたから妥協の上に作りました的な音というか…、要するにあの時代(90年代初頭)によくいたグランジもどきな音です。
このバンドの本質からは離れているというか、曲がつまらないので、このボーナスはいらなかったと思います。

とはいえ、ボーナスを除く本編は、「いいアルバムに出会えてよかった」と素直にいえるすばらしい作品です。
Rubidon Musicさん、このバンドに出会わせてくれてありがとう、という感じです(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。