神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CHIC in ブルーノート
昨日(5/29)、ブルーノート東京でCHICのライブを観てきました。
思いおこしてみると、今年、ブルーノートでライブを観るのは最初でした。

このブログの記事を読んでくださるような人にはCHICは馴染みのないバンドかなとは思います。
ブルーノートでやるぐらいですからHM/HRではありません(笑)。
逆に、ブルーノートだからといってジャズでもないです。
ジャンル的にどこに分類するのが適切なのかはわからないというのが正直なところですが、黒人音楽で、ファンキーなディスコミュージックというのでしょうか?
ディスコミュージックとはいってもエレクトロニクスを多用したトランスのような音楽ではなく、ギターのカッティングとファンキーなリズム隊とホーンセクションが産み出す70年代~80年代前半のダンスミュージックで、「おしゃれフリーク」という曲が一番有名だと思います。
ギターのナイル・ロジャースはプロデューサーとしても名前を聞いたことがあると思います。80年代には、敏腕プロデューサーとそて超売れっ子でした。

あんまり詳しくないのでCHICの紹介はこのぐらいで誤魔化しておいて(笑)、18時ぐらいに到着してロビーでごっちゃんと合流しましたが、日曜日だというのにお客さんが多くてびっくりしました。
ロビーでハイネケンのExtra Coldを一杯飲んでから中に入りました。
今日は46番でしたが、中はもう席がだいぶ埋まっていて、奥の方のカウンター席にしました。この席に座るのは初めてですが、意外と見やすかったです。

COEDOビールを飲みながら、今日のパスタやポテトを食べながら待っていて、ショウがスタートしたのが19:15ぐらいでした。
前回、CHICを見たとき(2年前ぐらい?)も途中から立って踊る人がいましたが、今回は最初からスタンディングで(僕は座っていても見られる席だったので座っていました)、30年前ぐらいが青春時代だったと思しき人たちが踊っていました。

バンドのメンバーも前回見たときとは入れ替わっていたと思いますが、コンセプトも前回とは違っていたような気がしました。
それを強く感じたのは、Voの歌を聴いたときです。
前回のVoは歌はもちろんうまいですが、どちらかというと踊り(2人の踊りがシンクロするような)が印象的でしたが、今回は2人のVoを中心に据えたショウのコンセプトなのかなと思ってしまいました。
つまり、2人とも歌がうまいのです。しかもタイプが異なるのです。

片方はKimberly Davisさんという女性で、いかにも黒人女性シンガーというソウルフルな歌で、ホイットニー・ヒューストンあたりを連想しました。
もう一人は、Folamiさんという女性で、まあり黒っぽさを感じさせない、ちょっと女性的なかわいらしい部分もあるシンガーだと思いました。

この2人が代わる代わるソロをとったりしてショウは進んでいき、MADONNAの“Like A Vergin”(Folamiさんが歌いました)やDAVID BOWIEの“Let's Dance”(ドラムのひとが歌ってました)といったカバー(といっても、ナイル・ロジャースのプロデュースですが)も挟みつつ、ヒット曲を次から次へと繰り出し、会場は常に楽しい空気に包まれていました。

Voがすばらしいだけでなく、ナイル・ロジャースはもちろんのこと、バンドのメンバー全員が非常にレベルの高いミュージシャンの集まりで(ベースのJerry Burnesさんのスラッピングベースのソロが特にかっこよかったです)、クオリティの高いエンターテインメントを見たと思いました。

いいものを見ました。楽しかったです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。