神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top Musicians Play METALLICA / Various Artists

久しぶりに音楽ネタを書きます。
この間、音楽から離れていたわけではなく、逆に書きたいネタはたくさんあるのですが…

で、今回紹介したいのは、METALLICAのカバー集です。
Top Musicians Playとうたっているぐらいだからど「れだけ凄い人たちがやってるんだろう?」と、ちょっとときめいちゃいますが、その期待は裏切られます(笑)。

どちらかというとパンク系のアーティストが参加していて、収録内容はこんなかんじです。

1. Hit The Lights / SLOPPY SECONDS
2.Seek & Destroy / AGENT ORANGE
3.Motorbreath / D.O.A.
4.Sad But True / FLIPPER
5.Jump In The Fire / DEE DEE RAMONE
6.Master Of Puppets / Dr. KNOW
7.Enter Sandman / VICE SQUAD
8.One / TOTAL CHAOS
9.Nothing Else Matters / VIBRATORS
10. I Disappear / ANTI-GOVERNMENT
11.Am I Evil / SOUR
12.For Whom The Bell Tolls / SHOTGUN REMEDY
13.Until It Sleeps / S.B.I.

僕も知ってるバンドの方がぜんぜん少ないぐらいです。
“Am I Evil”は純粋にはメタリカのカバーじゃねえだろとか、“I Disappear”なんてオリジナルアルバムじゃなくて映画のサントラだった曲選ぶなんて、奇をてらったつもりかもしれないけどイマイチなセンスだなとか、つっこみどころはいくつかありますね(笑)。

より飾りの少ない1stアルバムの曲はパンクでカバーしても合う曲が多そうですが、頭のHit The Lightsはまさにそんな感じで、ちょっとスカスカなパンクにアレンジされていて、なかなかかっこいいです。

そして、2曲目のSeek & Destroyですが、このパンク的な解釈は秀逸です。オリジナルに忠実なところとがらっと変えてしまっているところが混在するアレンジで、リズムのアレンジが特にかっこいいと思いました。今まで、いろんなバンドのメタリカのカバーを聴いていますが、その中でも僕にとってはかなり上位にくると思います。

この他にアレンジがかっこいいと思ったのは、7曲目のEnter Sandmanと12曲目のFor Whom The Bell Tollsでした。

もちろん「なんじゃこりゃ?」と言ってしまいたくなるような曲も数曲あます。正直、Seek & Destroyは一聴の価値はあると思いますが、これに1,200~1,300円を払って買うことを強く勧めるのは気が引けます。ただ、メタルだけじゃなくてパンクやロカビリーなんかも好きという人の中には、けっこうぴったりきちゃう人もいるかもしれません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。