神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
Loud Park 2日目
2日目は朝から行きました。
昨日、「今日の分は売り切れました」といわれたMOTORHEADのTシャツは10:30頃に行ったら、もうすでに無くなってました。
ということで、今回はTシャツは1枚も買いませんでした。

以下、ショートコメントですが、コメントが書かれていないバンドは見ていません。

〈3 INCHES OF BLOOD〉
なぜ朝から行ったかというと、トップバッターだったこのバンドが見たかったからです。
最新作のHere Waits Thy Doomで大化けしたと思うのですが、そのアルバムの1曲目のBattles And Broyherhoodでショーはスタートでした。
スラッシーなこの曲で、ゆる~いかんじのサークルピットらしきものができてましたが、ハードコアのライブでのモッシュを見慣れた目からは微笑ましく思えました(笑)。
Voの声質から、初期のMETAL CHURCHを思わせるバンドですが、スラッシーではない曲でも実力があると思わされました。
こういうバンドは、もっと小さい箱で見たいですね。

〈Trash Talk〉
2番手のこのバンドがどんな音を出すか知りませんでしたが、スラッジというかクラストというか、一言で形容できないカオティックなハードコアでした。
ギターがアンプの上にのぼったり、最後にギターを客席に投げ込んだり、破天荒なライブでなかなかカッコよかったです。

〈RECKLESS LOVE〉
今日の早めの時間帯での2つ目のお目当てのバンドです。
僕がこよなく愛する80年代の華やかなアメリカンなHRをこの時代に蘇られせてくれたバンドですが、期待通りのいでだちでステージに登場してくれたメンバーに拍手です。
ギタリストがKramerのギター(よく見えなかったので、たぶんですが)を使っていたので嬉しくなりました。
ただ、Voの声が意外とハリがなくて、ちょっとずっこけちゃいました。高いところは声も出てなかったし。見てくれや立ち振る舞いはロックスター然としていてかっこよかったんですけどね。
とはいっても、ここ数年で聴いた中では群を抜いて曲がいい(僕の好みというだけです)アルバムだったので、ライブも楽しいかんじでした。
~Set List(相変わらず記憶で書いているので、正確ではないかも)
One More Time / Wild Touch / Love Machine / Romance / Badass / Back To Paradise / Beautiful Bomb

〈KUNI〉
KUNIのアルバム(特に1枚目、2枚目)は大好きなので楽しみにしていたのですが、正直、イマイチでした。
メンバーはDrにフランキー・バネリ、Bにチャック・ライト、Voにマーク・スローターという名前だけ聞くと凄そうなのですが…
QUIET RIOTのリズム隊には期待していたのですが、ちょっとリハ不足かなと思わせるかんじでした。
マーク・スローターが声が出ないことはわかっていたので期待はしていなかったのですが、その通りでした(笑)。
KUNIのギターは前から高音に重点を置いた腰の弱い音作りだなと思っていたのですが、この日もやはりそういう音で、ソロもハイポジションのピロピロした速弾きが主体なので、ほとんど何を弾いているのかわからないかんじに音が潰れちゃってました。
KUNIの曲を知ってる人は少ないんだろうなと思ってましたが、途中ではさまれたQUIET RIOTの曲、SLAUGHTERの曲も反応が悪く(若い人には仕方ないんでしょうね)、業を煮やした(?)マーク・スローターが一度アリーナに降りてきました。
そうすると客もげんきんなもので、急にイエーイとかいって盛り上がってました。
マークの客の乗せ方が上手かったのか、ファンがミーハーだっただけなのか?(笑)
KUNIはとにかくいい曲を書くので、万全の状態で聴きたかったです…
~Set List
When We Rock / Shine On / Love Taker / East Meets West / Metal Health (QUIET RIOTカバー) / Up All Night (SLAUGHTERカバー) / Looking For Action / All Night Long / Hands Up

〈MOTORHEAD〉
今回、一番観たかったのが、このMOTORHEADでした。
さらに言うと、Drのミッキー・ディーが観たかったのです。究極的には、今回のラウパはミッキー・ディーが観たくてチケットを買ったといっても過言ではありません。
本当は近くで見たかったのですが、前の方でぎゅうぎゅうに押されて見るのはいやだったので、ちょっと後ろの方で見ましたが、うまくドラムセットが見える位置だったのでそこから見ることにしました。
普段はほとんどギタリストを見ているんですが、MOTORHEADだけはミッキーを観たくなってしまうんですよね。
音がかっこいいのは言うに及ばずですが、叩いている姿がかっこいいんです。
腕の振り方がかっこいいのか何なのかわからないのですが…
途中ドラムソロもあり、堪能できました。ただ、ごっちゃんも言っていましたが、普通に曲を演奏しているところでドラムソロばりの凄いプレイ連発なのでドラムソロはなくてもいいかもしれないです。
レミーとフィルが休みたいのか?(笑)
Iron Fist、Stay Cleanから始まるという王道セットリストでしたが、新しめの曲が多くて、曲名がわからない曲が多かったのですが、とにかくかっこよかったです。
HMなのかHRなのかR'N'Rなのかスラッシュメタルなのかとか、そんなものは一切関係ない本物のRockを見せ付けられ、大満足でした。

〈OZZY OSBOURNE〉
大トリは帝王オジーでした。
さすがの一言に尽きるショーだったと思います。
ただ、それはオジーのカリスマ性だけに依存しているという状況に、若干の物足りなさを感じます。
オジーの他にスターがいないんです。
ガスGもメチャメチャ上手いのは誰が見ても明らかなんですが、それ以上のものがないというか何というか。
「若くてイケメンの上手いギタリストが入ったんだね」で終わってしまうんです。
ガスGは元々名が知れていて、上手いのは皆が認めていたわけで、上手に弾くだけでは、「ガスGならそれぐらい出来て当たり前でしょ」と言われてしまうと思うので、その上を期待してしまうんですが、それは厳しい要求ですかね?
僕は歴代のギタリストではジェイクが一番好きですが、ジェイクほどギターヒーロー然とした立ち振る舞いやステージアクションが出来ないにしても、もう一つ上に行ってほしいと思いました。
~Set List
Bark At The Moon / Let Me Hear Your Scream / Mr. Crowly / I Don't Know / Fairies Wear Boots / Suicide Solution / War Pigs / Shot In The Dark / Guiter Solo~Drum Solo / Iron Man / I Don't Wanna Change The World / Crazy Train (アンコール)Mama I'm Coming Home / Paranoid


今回は、当初のお目当てだったACCEPTとMOTORHEADが素晴らしいショーを見せてくれたので、高すぎるチケットの元は取った気はしますが、こういうフェスの盛り上がりとしては、もうあと一つ何かがほしい気がします。
HM/HRシーン自体が元気がないのか、不況の影響なのか、はたまた自分が冷めてしまったのかはわかりませんが…


スポンサーサイト
コメント
コメント
今となっては・・・
二日間通して、レポを読んでると、
アクセプトを見るべきだったかと、悔やまれます。

しかし、モーターヘッドはいいですね。好きですね~。
毎年、呼んでくれないかなぁ。
映画 極悪レミー 楽しみです。申し合わせて来ましょうよ。
2010/10/20(水) 22:51:15 | URL | ごっちゃん #- [ 編集 ]
2日間…
お疲れさまでした。レポ、楽しく読ませていただきましたよ。

自分、今回はオジー単独組だったのですが、やはりベテランは違いますよね…全てが。モーターヘッド然り、アクセプト然り、ハルフォード?然り。。。

逆にここらでドカーん!と、ニューカマーなど登場!とゆーのもシーンは期待しちゃうんですけどね……
2010/10/21(木) 11:49:27 | URL | ひろのいど #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamikaze246.blog101.fc2.com/tb.php/29-6318f329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック