神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Time / PARADISE INC.

最近、ラジオも聴かないし、雑誌もアルバムレビューぐらいしか読まないし、CDショップにもあまり行かないし、ライブにもあまり行かないし(へたれですね。苦笑)、HM/HRシーンでどんな音楽が主流なのか(あるいは、HM/HRシーンとよべるものが生き残っているのか…?)という情報には疎くなっています。

ただ、80年代~90年代初頭を思わせるメロディアスな作品で、しかも高品質なものが多くリリースされていることは間違いなさそうです。

そういった作品はアメリカからもイギリスからもドイツからも北欧からも(ちょっと前にこのブログで紹介したGrand Designはスウェーデンでした)出てきているような気がしますが、その流れは意外なところにも波及しているようです。

今回取り上げる、PARADAISE INC.は(日本から見て)地球の反対側の国、ブラジル出身のバンドです。
ブラジルのメタルといえば、SEPULTURA、SOULFLYのようなスラッシュ/ラウドなバンドや、ANGRA(VIPER)のようなメロスピというイメージがありましたが(ハードコアでもCHILDREN OF GAIA、CONFRONTOなどといったかっこいいバンドがいました)、このPARADISE INC.はメロハーに分類されるような音楽を演っています。

ブラジルといえば中国、インド、ロシア等とならんでBRICsと呼ばれる経済発展著しい新興国の一角をなしているので、国が発展するのにあわせて音楽も洗練されてきているのかもしれませんね(前述のバンド達は偉大なバンド、彼らが洗練されていないという意味ではありません)。

メロハーといっても、JOURNEY等の産業ロック系のキラキラなキーボードをフィーチャーしたような音ではなく、ドイツや北欧系のヨーロッパ的な香りのする音です。
バンドの成り立ち等についてはまったく知らないので、どういう経緯かはわかりませんが、デニス・ワードがマスタリングをやったりしているからか、曲によってはElectrifiedやSonic Dynamaiteの頃のPINK CREAM 69を思い起こしたりしましたし、やはりドイツ出身のメロディアスHRバンドのFRONTLINEの初期の頃の音を思い出したりもしましたし、あるいはTALISMANっぽいなと思うところもあったりします。

ここまで読まれてきて、オリジナリティがないと思われた方もいるかもしれません。
確かに、強烈な個性を発揮しているとは思いません。
しかし、GRAND DESIGNの投稿でも書きましたが、オリジナリティが乏しくてもいい作品はたくさんあるわけで、このアルバムもそんな1枚だと思います。
曲もいいし、演奏もしっかりしています。ギタリストは派手に弾きまくるタイプではありませんがなかなかセンスがいいソロを弾いていますし、シンガーも1曲だけゲストとして歌っているドゥギー・ホワイトと比べてまったく遜色のない力を持ってます。

哀愁のメロディを備えた、ポップ過ぎないしっかりとしたHRが好きな方には特にオススメです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamikaze246.blog101.fc2.com/tb.php/60-ac50d3ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。