神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新旧ナンバーワンHMシンガーライブ(その2)
昨日は、“旧”ナンバーワンシンガー(まだ現役なのに、ちょっと失礼ですがご容赦を…)のいるバンド、JUDAS PRIESTのライブレポートを書きましたが、JUDAS PRIESTの武道館公演の翌日である2月18日に、“新”ナンバーワンシンガー(こちらも新人ではないので、いささか失礼ではありますが…)のライブを観ました。

それは、本ブログでも何回か書いていますが、僕が現存するHMシンガーで世界ナンバーワンだと思っている「アニキ」こと下山武徳を擁するSABER TIGERです。
昨年バンドの30周年に併せて発表された“Paragraph Ⅳ”に伴うツアーの締めくくりの、原宿アストロホールで行われたワンマンライブ2Days の1日目(本当は2日目も行きたかったのですが行けませんでした)に行ってきました。

開始30分前ぐらいに会場に到着しましたが、ぎゅうぎゅう詰めで息苦しくならない程度にオーディエンスで埋まっているという、ちょうどいい感じでした。
Pragraph ⅣのジャケットのデザインのTシャツを買い、ドリンクチケットと交換したビールを飲みながら、SABER TIGERのライブでいつも一緒になる知り合いのSさんと話をしながら開演を待ちました。

程なくして、ほぼ定刻(だったかな?)に会場は暗転し、SEの“Rise 2001”をバックにバンドのメンバーがステージに登場してきて、木下御大のギターからまず弾きだされたのは“Fading, Crying Star”のイントロでした。
僕も大好きな曲で、会場はいきなりハイテンションになりました。
僕は今のメンバー(ベースが交代してから)でのライブを観るのは初めてでしたが、まったく違和感のないいつものパワフルなSABER TIGERでした。
2曲目は“The Vague Blessings”。またまた大好きな曲で僕も熱くなりました。

2曲終わって、アニキのMCが入りました。この日もアニキのMCが4、5回はあったと思いますが、いつもどおりウェットに富んだしゃべりで、笑わせてもらいました(漫談をしているわけではありませんが。笑)。

この日は、30年を振り返るというセットリストだったそうで、日本語の歌詞の曲も多く披露されましたが、オリジナルアルバムとしては一番新しい“Decisive”からの曲も多く演奏されました。
“Decisive”の曲は、CDで聴くのよりも荒々しさが増してかっこよかったです。

詳しいセットリストは覚えていませんが、3、4回のアンコールを含む約2時間半のショウは、これぞHeavy Metal!といえる素晴らしいライブだったと思います。
曲は新旧織り交ぜながらも一貫して高品質の正統派HMチューンが並び、それを強力なリズム隊、テクニカルでありエモーショナルな2人のギタリストが演奏し、さらにそこに世界ナンバーワンHMシンガー下山武徳が歌うわけですから、悪いはずがないんですけどね。
MCで何回も、今日は調子が良いと言っていましたが、圧倒的な声量と幅広い声域と、見事なまでに感情移入された歌は魂を揺さぶられる思いがしました。

前日に見たJUDAS PRIESTと比べれば、もちろんバンドとしての格も人気もぜんぜん違いますが、本物のHMがここ日本でも正しく継承されていることを改めて目の当たりにし、心強く思いました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamikaze246.blog101.fc2.com/tb.php/63-769393fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。