神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
Electric Empire in Blue Note Tokyo
お盆休みも終わりに近づき、ブルーな気分になってきました。ブルーにかけたダジャレというわけではありませんが、Blue Note Tokyoにライブを観に行きました。
今日、観てきたのはElectric Empireです。先月、Blue Noteにラリー・カールトンを観にいったときに彼らがライブをやることを知り、これは観ておかないと、と思ってチケットを予約しました。

もともと、半年(?)ぐらい前に深夜のテレビでマーヴィン・ゲイか何かの特集をやっているのをたまたま見ていて、そのときにチラッと映像が映っただけにもかかわらず気になってしまい、CDを買いました(日本盤も出ています)。
一言では言いにくいですが、あえて言えばソウル・ミュージックをプレイするバンドで、メンバーは若そうなのに渋い音楽を演る人たちで気に入っていました。

今日は18:00からの1stショウを見ることにしていたので、受付時間の16:30ぐらいに行きました。自分はお盆休みですが、平日は平日だし、行ったときは人はまばらで、受付番号は16番でいい席に座ることが出来ました。
満員ではなかったみたいですが、そこそこの客の入りだったと思います。

ほぼ定刻に4人のメンバーが登場し、ショウがスタートしました。4人のうちベースはおそらくサポート・ミュージシャンで、それ以外のギター、ドラム、キーボードの3人のメンバーがそれぞれ代わる代わるリードVoを取るというスタイルでしたが、みんな歌が上手い!ファルセットなどもうまく使いながら、ソウルフルに歌い上げるというのは3人とも共通ですが、それぞれにいい味を出していてかっこよかったです。
リードVoが3人もいるから、コーラスがまたぶ厚くて美しいんです。

基本的にヴォーカル・オリエンテッドな音楽ではありますが、楽器の演奏も安定していました。ジャンル的に派手なテクニックで弾き倒すスタイルではありませんが、ちょっとしたフレーズセンスには耳をひきつけられるものがありました。
ベーシストが結構動き回るランニング・ベースをプレイしていましたが、あくまでリズム隊に徹していながら曲に色を添えるという素晴らしい演奏だったと思います。

会場も大盛り上がりで、最後の曲では会場総立ちとなり、熱気に包まれたままショウは終わりました。

夏の夜に、お酒をおいしくしてくれるお洒落な大人の音楽を聴けたという想いで、満足でした。
当初、一緒に観にいく予定で直前でこられなくなってしまったごっちゃんの残念がる顔が思い浮かぶようです(笑)。

CDを聴いたときから、基本的にはソウルだけどその一言で片付かない音楽性を持ったバンドだと思っていましたが、ライブでそれが更に顕著に現れていました。
新曲が2曲演奏されましたが、その曲もかっこよかったので、新作を引っ提げてまた来日してくれるのを楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamikaze246.blog101.fc2.com/tb.php/69-73c02bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
お盆休みも終わりに近づき、ブルーな気分になってきました。ブルーにかけたダジャレというわけではありま
2012/11/01(木) 15:23:00 | まっとめBLOG速報