神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
The Way Life Goes / TOM KEIFER

シンデレラのトム・キーファーのソロアルバムです。

期待通りというか、いい意味で想像通りの音でした。
まだ1回、流して聴いただけなので曲ごとの詳しい印象などについて語れることはありませんが、シンデレラの2nd以降のブルージーなロックが、あの声で歌われるというアルバムです。
そのまんまじゃないか、という方もいらっしゃると思いますが、そのまんまだと思います(笑)。

リフで引っ張っていくようなHRもあれば、泣かせるバラードもあり、文字通り"アメリカンロックの良心"ともいうべきアルバムです。
80年代以降の華やかさもないわけではありませんが、60年代、70年代の、ちょっと埃っぽいロックというイメージです。

HR/HMではないと思うし、最近、ちょっとしたブームになりつつある70年代風のHRをやっているバンドとも違う、やはり一言で言うとアメリカンロック、という音楽なのでしょう。

もっと聴き込めば違う印象も出てくるかもしれませんが、ファーストインプレッションをひとまず書いてみました。

いいアルバムです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamikaze246.blog101.fc2.com/tb.php/72-7c1e23f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック