神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
Kawasaki Rock City vol.3
1年半以上ぶりにブログを更新します(苦笑)。
仕事を中心にパンパンの生活だったので、ブログ更新ができていなかったのですが、多少余裕ができたのと、素晴らしいライブを観てしまったので、ブログを更新する決心(笑)をしたというわけです。

1月10日、2015年初のライブをクラブ・チッタ川崎に観に行きました。
それが、今回でVol.3になるKawasaki Rock Cityで、メインはEuropeでしたが、僕の目当てはTreatでした。あともう一バンド、Crashdietも出て、3バンドにしてはチケットは少々高めな感は否めないものの、Treatが観られるならと思いチケットを買いました。そして、その判断は正しかったという結論になりました。

【Crashdiet】
17:00ちょうどぐらいに、トップバッターのCrashdietのショウがスタートしました。僕もアルバム4枚すべて持っていますが、聴きこんだのは1stだけなので、曲はよくわかりませんでしたが、いかにも彼ららしい曲が次から次へと演奏されてカッコいいなと思いました。
が、しかし、曲はカッコいいものの、ステージパフォーマンスがこなれていないというか、アルバムを4枚も出しているバンドにしてはアピールが弱いんじゃないの?という印象でした。なかなか経験を積むチャンスも少ないのかもしれませんが、もうちょっと客を煽るというか、盛り上げるためのパフォーマンスが必要なのではないか、と思いました。もったいないです。
だからなのか、会場全体の盛り上がりはイマイチな感じでした。
翌日はVoの体調不良でお休みだったとも聞きましたが、もしかして、この日のオーディエンスの反応が悪かったから落ち込んじゃったのかななんて勘ぐってしまいましたが…

【Treat】
30分ほどのセットチェンジの後、Treatが登場しました。前から思っているのですが、このセットチェンジが長すぎるのではないかと。アメリカでフェスを何回か観ていますが、(例えばオズフェストでは)もっとスピーディーです。
それは置いておいて、最新作のCoup De Graceの1曲目のWar Is Overでスタートしたこの日のTreatのショウは本当に素晴らしかったです。おそらくEurope目当てのファンもCrashdiet目当てのファンも魅了したのではないかと思います。
彼らのアルバムには駄作は1枚もなく、曲が良いのは当たり前ですが、演奏もタイトだし、派手なパフォーマンスはないものの、会場をTreatのペースに持っていくのがうまく、長いキャリアに裏打ちされた確固たるスタイルをいかんなく発揮してくれたのではないかと思います。
最新作のCoup De Graceの曲が中心になるのは当然だとは思いますが、(マッツ・レヴィンが歌ったアルバムを除く)各アルバムからバランスよく構成されたセットリストも素晴らしかったです。
もうバンドは解散を表明しているとのことで、彼らのショウを観られるのはこれが最後だろうという思いでいたので、彼らを象徴するといっても過言ではない名曲Get You On The Runのサビを合唱していた時などは感極まってしまい、本当に涙が出そうになってしまったぐらいでした。
アンコールを含む約1時間15分のショウでしたが、もっと観ていたかったです。1990年8月の初来日の時にも1度観ていて、今回で2回目ですが、なんでもっと観なかったんだろうと後悔してしまうほどでした。解散してしまう前にもう1度、単独で来日して、もっと長いショウをやってもらいたいものです…
<Setlist>
1. Coup De Grace 2. War Is Over 3. Strike Without A Warning 4. Ready For A Taking 5. Papertiger 6. Medley:Changes~Rev It Up~Party All Over~Too Wild 7. Roar 8. I Burn For You 9. We Own The Night 10. Sole Surviver 11. Gimme One More Night 12. Get You On The Run 13. Conspiracy (encore) 14. Skies Of Mongolia 15. World Of Promises

【Europe】
Europeについては、残念ながら期待外れでした…
新しめの曲は知らないし、あまり好きにもなれないし、そういった曲のへヴィな音像で古い曲を演奏されても、モッサリした印象になってしまうし、パッとしませんでした。
セットリストも個人的な好みからすると、イマイチでした。僕の周り観ていたお客さんも、古い名曲と最近の曲で、明らかに反応が違ったと思います。
最近の自分たちをアピールするのは当然といえば当然だと思いますが、自分たちがオーディエンスに何を求められているのかを理解できていないバンド、という風に僕の目には映ってしまいました。

とはいえ、お目当てだったTreatが素晴らしいショウを魅せてくれたので、いい気分で帰路についたのでした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamikaze246.blog101.fc2.com/tb.php/73-364abd11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック