神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TREAT Japan Tour 2017 (東京)
2年以上ぶりに更新します(苦笑)。
しかも、更新しようとした動機が、前回更新(その時も約1年ぶり)のときとまったく同じというのも凄いと思っちゃいました。
その動機とは、北欧メロディアスハードロックの雄、TREATの素晴らしいライブを観て感動したということです。
前回のブログで解散する前に単独で来日してほしいという希望を綴っていたのですが、バンドは解散を撤回してアルバムを作り、このたび単独公演を行いました。つまり約2年半の歳月を経て前回の投稿で書いた希望が叶い、それについてまた投稿をするという綺麗な流れでのブログ再開というわけです(笑)。

前置きが長くなりましたが、本日(5/17)渋谷クラブクアトロでのTREATの来日公演を見に行きました。僕は1990年(だったかな?)の初来日の時から毎回TREATは観ていて、今回で3回目です。そして、それは曲よし、演奏よし、歌よしの素晴らしいものでした。

僕にとっては非常に思い入れのあるバンドではありますが、明日、明後日とMEGADETH/ANTHRAXの東京公演もあるしそんなに客は入らないんじゃないのかなと思っていましたが、フロアをぐるっと囲む通路もほぼ人で埋まった満員に近い状態でした。目下のところの最新スタジオアルバム”Ghost Of Graceland”が素晴らしい内容だったからか、僕と同年代かやや上ぐらいの人が多かったものの、若い人も結構いるなという印象でした。
ほぼ定刻どおりに場内が暗転しSEが流れ、大歓声の中メンバーがステージに登場し、ショウはアルバムのオープニングチューンの’Ghost Of Graceland’で幕を開けました。ミッドテンポのちょっと地味目な曲ではありますが、会場を温めるには十分でした。
セットリストの基本構成は最近リリースされたライブアルバムとほぼ同じで、最新作からのキャッチーな曲を(全曲キャッチーですが)2曲プレイした後、彼らが日本でブレイクしたアルバム”Organaized Crime”のオープニング曲、’Ready For The Taking’を演奏しました。僕としてはガッツポーズもので、最初の泣きが入ります(笑)。
曲順はちゃんと覚えていないので実際と前後していることがあるかもしれませんが、そこは目をつぶっていただくとして、復活第1作目の”Coup De Grace”収録の名曲’Papertiger’をプレイし、最新作のバラード調の’Do Your Own Stunts’へと続いた後、僕の涙腺を決壊させる曲に流れ込んでいきました。
3rdアルバム”Dreamhunter”の1曲目の’Sole Surviver’のイントロSEが流れ既に歓喜の状態になっているのですが、これが3rdアルバム収録曲のメドレーの始まりだったのです。アルバムの流れ通りに最初の5曲がメドレーで演奏されたのですが、すなわち僕の大好きな曲’Take Me On Your Wings’が含まれているのです。メドレーの一部とはいえ、この曲をライブで聴けるとは夢にも思っていなかったので、サビを一緒に歌いながらまた泣きが入りました(笑)。人前なのでリアルに涙を流さないように堪えましたが、気持ち的には号泣です(笑)。
その後、さらにアルバムの流れ通り6曲目の’Outlaw’がフルコーラス演奏され、それだけで感動なのに、僕が一番好きなアルバムである2nd”The Pleasure Principle”に収録されている’Lovestroke’まで演奏され、またまた泣きです。
ライブで初めて演奏するという最新作からの’Inferno’から前作収録のサビが印象的な’Roar’へと流れた後、ショウはクライマックスに向かいます。TREATの代名詞と言ってもいい、北欧メタル史上、いやすべてのHM/HRの中でも名曲中の名曲の1つに数えられるであろう’Get You On The Run’です。前回の来日の時もそうでしたが、拳をあげながらサビの大合唱をし、気持ち的には大号泣です。ここまでくると、リアルな涙も押さえきれない状態です(爆)。
”Organaized Crime”収録のキレのいいリフとタッピングを使ったスリリングなソロが特徴的な名曲’Conspiracy’で本編は幕を閉じました。
ほどなくしてアンコールに応じてステージに出てきたバンドは、前作からのメロディアスな佳曲’Skies Of Mongolia’、’We Own The Night’をプレイした後、彼らの最大のヒット曲’World Of Promises’をプレイし、約1時間半のショウは終演を迎えたのでした。

いい曲をたくさん持っているバンドの宿命として、聴きたかったのに演ってくれなかった曲があるのは仕方ないのですが(しかも1曲や2曲ではない)、それを差し引いても満点に近い満足度でした。最近ライブに行く頻度がぐっと減ったとはいえ、ちょっと声が枯れるぐらい歌ったのなんて久しぶりです。
しみじみと「生きていてよかった」と思ってしまいました。いい音楽は人を幸せな気持ちにしてくれるんですね。
なんで明日(18日)の休暇を取って大阪のチケットを取っておかなかったんだろうという後悔はあったものの(笑)、今日はいい夢を見られそうです。
<Setlist>(正確ではないと思います…)
1. Ghost Of Graceland 2. Better The Devil You Know 3. Nonstop Madness 4. Ready For The Taking 5. Papertiger 6. Do Your Own Stunts 7. Medley:Sole Surviver~You Are The One I Want~Take Me On Your Wings~Best Of Me~Dancing On The Edge 8. Outlaw 9. Lovestroke 10. Inferno 11. Roar 12. Get You On The Run 13. Conspiracy (encore) 14. Skies Of Mongolia 15. We Own The Night 16. World Of Promises
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamikaze246.blog101.fc2.com/tb.php/74-3017464b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。