神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Doomsday Kingdom / THE DOOMSDAY KINGDOM

なかなかいいペースでブログを更新できてます(普通なら遅いんだろうけど…笑)。

ということで、今回ご紹介するのはThe Doomsday Kingdomというバンドの1stなのですが、これはCandlemassのベーシスト、Leif Edlingが新たに立ち上げたバンドだそうです。Candlemassといえば昨年のLoud Parkでのステージも記憶に新しいですが、Black Sabbathの血を受け継いだDoom Metal / Epic Metalの最重要バンドのひとつです。
あ、Loud Parkといえば、Emperorが参戦するみたいですね。「今年のラウパはパスしておこう」なんて思っていましたが、そうもいかなくなってきましたね。

話が思いっきりずれたので本題に戻しますが(笑)、Candlemass絡みのバンドということで想像できる音というのはあると思いますが、確かにそういう部分はあります。ダークなリフ、へヴィでスローな曲調にCandlemassのDNAが息づいているんだろうなと思わせられます。

とはいえ、Candlemassと同じことをやるんだったら別に新しいバンドを作る必要もないんじゃないのと思いますが(笑)、やはりCandlemassとは違う路線を打ち出しています。
ファストな曲はないものの、ちょっと小気味の良いテンポの曲が主体になっていて(スローな曲やパートもあります)、しかもちょっとキャッチーな印象のリフや歌メロもあったりします。誤解を恐れずにいうと、たまにRainbowっぽいなと思っちゃうところもありました。

VoはMetal Churchのマイク・ハウを思わせる部分があったりして、それがサウンド全体のなかでもいいフックになっている気がします。そのせいか、Metal Churchや同系統のUSパワーメタル(の速くない曲)みたいな印象を受けるところもありました。
こういう書き方をすると方向性の定まらないチグハグな音楽のように見えてしまうかもしれませんが、アルバム全体は統一された同じ色で描かれていると思います。

あとはギタリストがセンスいいソロを弾くなとも思いました。タッピングやスウィープといった派手なテクニックを多用して弾きまくるわけでもないし、ハーモニックマイナー中心のネオクラ調で弾き倒すわけでもありませんが、曲にマッチした抒情的なフレージングで構成されたソロに速弾をブッ突んでくるといった印象でしょうか。結構な腕前のギタリストなんだろうと思いました。
少なくとも僕にとってはこのギターソロもまたアルバムの重要なフックになっています。

まだ2回しか聴いていないし、Leif Edling以外のメンバーの素性をはじめとしてバンドのバックグラウンドもわかっていないので、中途半端な書きぶりしかできていませんが、ダークでへヴィなこの手の音が好きな人にはお勧めしたいアルバムではあります。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamikaze246.blog101.fc2.com/tb.php/76-cc19b630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。