神風のRockけもの道
我が家の“けもの道”に散らばっている音楽(主にHM/HRを中心とするRock)のこと、その他に思っていることを徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KARASIA 2012 on WOWOW
今年5月に日本中を興奮の渦に巻き込んだ(?)KARAの1st Japan Toru "KARASIA 2012"が、本日(日付は前日の7月15日ですが)にWOWOWで放送されました。

つい最近、WOWOWに加入したので、これを見ることが出来ました(というか、これを観るために加入した?笑)。

放送されたのは、ツアー最終日、5月28日のさいたまスーパーアリーナでの模様でした。
あのとき(僕が見にいったのは前日の27日ですが)の様子を思い出させるような、迫力の映像だったと思います。

単なる人気の女の子グループのコンサートという枠を超えた、作りこまれたエンターテイメントショーだったということを改めて感じましたね。
日本のアイドルグループ(実際にコンサートを見にいったことはありませんが…)は、完全に水をあけられていると思います。
韓国は国策としてこういったアーティストの育成をやっているらしく、エリート中のエリートだから当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、欧米のポップスターのアリーナでのショーを彷彿とさせる部分もあったりする、というのが個人的な感想です。

ただ、番組の編集に関しては、名曲Stepがカットされていたことと、二コルのソロタイムでのBeat It(もちろんマイケル・ジャクソンのカバー)のダンスのカメラワークがいまいちだったという残念なところもありました…

そのうちDVDが発売されそうな気もしますが、そのときにはStepも収録してほしいな、と。
Stones Bar 2

思ったほど話題にならなかった(苦笑)Stones Barの試飲レポート第2弾です。

どうやら全部で3種類あるらしく、そのうち瓶なのはこれだけみたいです。

エナジードリンクという言葉が書いてあったので、だいたい予想はしていましたが、そのとおりの味でした(笑)。
要するにオロナミンCとかライフガードといった清涼飲料水の味のアルコールです。

はっきり言って、ジュースです。
お酒的な雰囲気には乏しいといわざるを得ないかと…
ただ、のどが渇いているときにくいっと飲めば、やはりおいしいと思います。

僕はリピーターにはならないと思いますが、友人のS.O君はこういうのが好きだといっていたので、好きな人にはたまらないだろうし、そういった根強いファンがいるのかもしれません。
Top Musicians Play METALLICA / Various Artists

久しぶりに音楽ネタを書きます。
この間、音楽から離れていたわけではなく、逆に書きたいネタはたくさんあるのですが…

で、今回紹介したいのは、METALLICAのカバー集です。
Top Musicians Playとうたっているぐらいだからど「れだけ凄い人たちがやってるんだろう?」と、ちょっとときめいちゃいますが、その期待は裏切られます(笑)。

どちらかというとパンク系のアーティストが参加していて、収録内容はこんなかんじです。

1. Hit The Lights / SLOPPY SECONDS
2.Seek & Destroy / AGENT ORANGE
3.Motorbreath / D.O.A.
4.Sad But True / FLIPPER
5.Jump In The Fire / DEE DEE RAMONE
6.Master Of Puppets / Dr. KNOW
7.Enter Sandman / VICE SQUAD
8.One / TOTAL CHAOS
9.Nothing Else Matters / VIBRATORS
10. I Disappear / ANTI-GOVERNMENT
11.Am I Evil / SOUR
12.For Whom The Bell Tolls / SHOTGUN REMEDY
13.Until It Sleeps / S.B.I.

僕も知ってるバンドの方がぜんぜん少ないぐらいです。
“Am I Evil”は純粋にはメタリカのカバーじゃねえだろとか、“I Disappear”なんてオリジナルアルバムじゃなくて映画のサントラだった曲選ぶなんて、奇をてらったつもりかもしれないけどイマイチなセンスだなとか、つっこみどころはいくつかありますね(笑)。

より飾りの少ない1stアルバムの曲はパンクでカバーしても合う曲が多そうですが、頭のHit The Lightsはまさにそんな感じで、ちょっとスカスカなパンクにアレンジされていて、なかなかかっこいいです。

そして、2曲目のSeek & Destroyですが、このパンク的な解釈は秀逸です。オリジナルに忠実なところとがらっと変えてしまっているところが混在するアレンジで、リズムのアレンジが特にかっこいいと思いました。今まで、いろんなバンドのメタリカのカバーを聴いていますが、その中でも僕にとってはかなり上位にくると思います。

この他にアレンジがかっこいいと思ったのは、7曲目のEnter Sandmanと12曲目のFor Whom The Bell Tollsでした。

もちろん「なんじゃこりゃ?」と言ってしまいたくなるような曲も数曲あます。正直、Seek & Destroyは一聴の価値はあると思いますが、これに1,200~1,300円を払って買うことを強く勧めるのは気が引けます。ただ、メタルだけじゃなくてパンクやロカビリーなんかも好きという人の中には、けっこうぴったりきちゃう人もいるかもしれません。
STONES BAR

また音楽ネタではないエントリーをしてしまいました…

今話題の(?)Stones Barを飲んでみました。
買うときはRolling Stonesを聴きながら飲もうとか思いましたが、普通にテレビを見ながら飲みました(笑)。

で、味の方ですが、普通の発泡酒だろうと思って飲んでみたところ、意外と(といってしまうと失礼ですが)うまかったです。
発泡酒特有の「酸っぱさ」をあまり感じさせず、爽やかな口当たりがいい感じでした。
ビール的な苦味も弱いのですが、それでもなんとなくビールっぽさ(ラガー等のようなコクのあるビールではなく、バドみたいな薄いビール)を感じさせることもありました(いい加減な記憶によればですが…笑)。

全部で何種類あるのかわかりませんが、他のも飲んでみようかなと思いました。
あまり売っているところがないのですが…
超~久しぶり
ブログを書くのなんて何ヶ月ぶりだろう?
前に読んでくれていた人からも忘れ去られた感がありますが(苦笑)、アップします。
何かと公私共に忙しくて…

アップするのも超久しぶりですが、超久しぶりにある人に会ったので、ちょうどいい機会(?)だと思ってブログもアップしました。

ある人というのは、伝説のロックバー、DOKKENのマスターだったMさんです。
新宿のタワレコのエスカレーターのところで「セールやってます」といってチラシを配っていた人に、「あれっ?」と声をかけられて、ふと顔を見たらMさんでした。
髪を切っていて最初は気付きませんでした。

Mさんは仕事中だったので、1分ぐらい立ち話をしただけでしたが、元気そうで良かったです。

久々にアップしても音楽ネタではありませんが、次回(あまり間を開けず)は音楽ネタを書きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。